Basic Filter 0.9.0

エンベロープや LFOを備えたIIRフィルターです。
Audio Units、およびVST3をサポートする Mac、Windowsのホストアプリケーションでご使用いただけます。


特徴

I/Oバッファーのサイズによらず、高いパフォーマンスを発揮します。
入力信号をトリガーとしたエンベロープ、および LFOから、フィルターのパラメーターをコントロールすることができます。


仕様
フィルター
タイプ : Lowpass、Highpass、
Bandpass、Bandstop、Peak、Allpass、Comb

ローパス、ハイパスは、
1オクターブあたりの減衰率が 12dB、24dBのものから選択できます。
バンドパスは帯域幅、レゾナンスを指定できるものから選択できます。
出力
エフェクト信号のパンを調整できます。
バイパス信号とエフェクト信号をミックスすることができます。
エンベロープ
タイプ : ADSR アタック、ディケイ、リリースを 0秒 - 50秒の範囲で指定できます。
入力信号の大きさから、エンベロープのききの強さをコントロールできます。

変調先
Drive、Cutoff、Resonance、Bandwidth、Gain、LFO Rate、LFO Level
LFO
波形 : Sine、Triangle、Ramp Up、Ramp Down、Pulse
Pulseを選択した場合、デューティー比を調整することができます。
位相の開始位置、および振幅の範囲が調整できます。
LFOのサイクルを、周波数、およびホストのテンポ同期から選択できます。
入力信号が検出しきい値をオーバーしたタイミングで位相リセットすることができます。

変調先
Drive、Cutoff、Resonance、Bandwidth、Gain


動作環境

Audio UnitsおよびVSTをサポートする Mac OSX アプリケーション
VSTをサポートする Windowsアプリケーション

ダウンロード

Download Download




変更履歴

20-10-30 バージョン : 0.9.0をリリースしました。